鹿沼市立菊沢西小学校 組子・お箸づくり教室

15年1月16日

 

鹿沼建具商工組合では、年に一度市内の小学3年生の総合学習の一環として、組子教室をひらいています。

今回は鹿沼市立菊沢西小学校で、組子とお箸づくりをおこないました。

 

今回は親子参加型で、小学生とお母さんにもご参加いただきました。

組子は七宝をつくり、さらにお箸の制作につづきます。

七宝は中の部品がカーブするため、一度パーツを水に浸し、円柱に押し付けることでカーブをつくります。

この作業は慎重におこなわなければならず、焦ってやると部品が折れてしまうのです。

 

お箸づくりは、まず棒材にカンナをかけて形成します。

その後は紙ヤスリで角をとり、それぞれ手に合うようにヤスリがけをして完成です。

 

この組子体験は、鹿沼市内にある「木のふるさと伝統工芸館」でも行うことができます。

http://www.city.kanuma.tochigi.jp/13,21786,154,537.html